マミーゴースタッフ紹介

マミーゴースタッフ紹介★
ディレクター・プランナー:金澤 江利子

金澤さんに、在宅ワークや働き方について聞いてみました!

金澤さん1

名前
金澤江利子/かなざわえりこ
家族構成
夫、長女14歳、長男5歳
※インタビュー時(2017.4.14現在)の年齢です。

あなたの働くスタイルを教えて下さい。

週3で出勤、週2日は在宅ワークです。
下の子がまだ幼稚園で、お迎えの時間は14時。
ですので出勤の日は12時50分で退勤、在宅の時は13時50分で仕事を切り上げます。その後、ダッシュでお迎えにいきます(笑)。
仕事が立て込んでいる時などは、夕方に在宅で仕事させてもらうこともあります。

今の働くスタイルの満足度を教えて下さい。

金澤さん2
満足度は100%です!
その一番の理由は、子どもを中心に考えて仕事のスケジュールを組めること。
例えば、子どもの体調が悪い時には在宅ワークに切り替えたり、午前中に幼稚園の行事がある時は午後から仕事にさせてもらったりと、とてもフレキシブルなんです。家族のスケジュールに合わせながら働けるので、家族にもストレスを与えることなく仕事できていると思います。

マミーゴーに入社してよかった点を教えて下さい。

私は10年間専業主婦をしていたんですが、その時は子どもも小さく、時間もないので仕事は出来ないと思っていました。
でもITマミー部に入って、時間がなくても仕事はできる、いろんなスタイルで働けるんだということを知りました。「無理してシフトを入れなきゃいけない」なんてこともありませんし、本当に自分のライフスタイルにあった働き方が、ITマミー部ならできるんです。

それに、いろいろなITのスキルを知ることができて、「今ってこんなに便利なの!?」ととてもビックリしました。ITマミー部に入る前は本当にガラパゴス状態だったので(笑)。
いま娘が中学生になって、学校でどんどんパソコンのスキルを覚えてくるんです。多分、以前の私だったら、娘から何か聞かれても分からなかったんじゃないかな。でも、今はいろいろアドバイスしてあげられるので、そういう意味でもよかったと思います。これからの時代はママたちも「ITは苦手だから…」って避けていられないんじゃないかなって感じています。

子連れワークについて感想をお聞かせください。

幼稚園の夏休み中などには、下の子と一緒に出勤しています。実家や義実家に気軽に子どもを預けられる環境ではないので、すごく助かっていますね。
オフィスの隣に別で託児のお部屋があるんですけど、ママキッズ(保育)の先生がみてくれているので、仕事中に子どもと会うことはほとんどありません。でも、お庭で遊ぶ様子が見えたり、キャッキャッと楽しそうな声が聞こえてくるので、仕事で煮詰まった時にはとても癒されています。
以前ママキッズの先生が、託児中の様子を写真で送ってくれたことがあったんです。そうしたら、他のスタッフの2歳くらいの男の子に、靴を履かせてあげていたんですね。普段そこまで小さい子と関わることがないので「え?こんなことしてあげられるの?!」って、すごく新しい発見でした。子ども自身は2つの幼稚園に通っている気分らしく、とっても楽しんでます。

在宅ワークはいかがですか?

上の子が小さい時は、保育園に預けてフルタイムで働いていました。
でも、子どもが病気になった時、主人と私がお互い「どっちが仕事休むの…?」みたいな探り合いになるのがすごくストレスで(苦笑)。いつもは元気なのに重要な仕事の日に限ってそうで、子どもに対しても病気の心配より「何とか明日の朝までに治って〜!」と思ってしまうこともありました。
それに、その頃は帰宅するのが早くても18時とか19時だったので、娘を病院に連れて行ってあげたくても、なかなか連れて行けず先延ばしにしていました。それで一度、急に症状がひどくなり入院することになった時もありました…。
でもマミーゴーでは、子どもが病気の時には在宅ワークに切り替えられるので、本当に助かっています。そんな時は、やっぱりITの便利さは欠かせないなって実感します。

育児と仕事の両立はできていますか?

金澤さん3
上の娘は中学受験をしたんですけど、受験の直前の2〜3ヶ月くらいは仕事の量をかなり減らしてもらいました。その時期は、娘も私も時間的・精神的にかなり大変だったので、とてもありがたかったですね。そういうことが可能な環境だからこそ、この仕事を今まで続けてこられたんだと思います。
しかも、そういう事情を相談しやすい雰囲気なんです。周りのスタッフみんなが分かってくれて、理解してくれる。だからこそ頑張ろうとも思いますし、やるべき時には効率的に仕事しなきゃと感じました。

下の子も、何となく理解してくれているみたいです。前に出張で、子どもがまだ寝ているうちに家を出なきゃいけないことがあったんですね。なので、帰宅した時に「今朝は行ってきますも言えなくてごめんね」と話をしたら、「ちょっと待っててね♡」って何かコソコソ書きはじめたんです。で、「はい、どうぞ♡」って渡された紙に「だいすき」って書いてあって! そういう瞬間を味わえるのも嬉しかったりしますね。ふとした時に「お仕事頑張ってね」って言ってくれたり、「疲れてるときはこれ見てね♡」って幼稚園で描いた作品集を持って来てくれたりして。子どもなりに何か理解してるのかなって思います。
仕事がない時や土日には、切り替えてガッツリ、ベッタリと(笑)向き合うようにしているので、寂しい思いはさせていないかなと思っています。

マミーゴーの好きなところを3つ教えてください。

①常に変化しているところ。
時流に合わせて変化していて、前に決めたことに固執しない、新しいことにチャレンジして取り入れる。そういうところが好きですね。
例えば、ITマミー部には、在宅でお仕事をされている方がたくさんいらっしゃるんですが、そういう方を対象にした保険を取り入れました。これは、他のクラウドソーシング系企業さんにはなかなかないと思うんです。でも、マミーゴーでは、在宅でお仕事されているスタッフさんに対しても、きちんと福利厚生を整えていこうと取り組んでいます。

②新しいことにチャレンジするチャンスを与えてくれるところ
この年齢になると今まで経験がない事は、やはり怖くて一歩踏み出せないことってあるんです。でも、マミーゴーには失敗しても良いからチャレンジしてみようという社風があります。失敗したらその時直そう、と。例えば、私はもともと人前で話すのが苦手だったんですが、ある時座談会のMCをすることに。無理ですって何度も断ったのですが社長が「1回やってみましょう!」と。周りのスタッフに助けられてなんとか無事に終えることが出来ました。それからは、座談会の進行に関する本を読んだりして勉強しました。その時に、「あ、この歳でも成長して良いんだ!」って気づきました。

③社長をはじめとする、スタッフみんなのバイタリティ。
正直、圧倒されます(笑)。バイタリティがすごくて、全員が本当に濃い仕事をしています。「何でもできちゃうんじゃないの?」って思えるくらい、すごいです。いつもパワーをもらっています。

今の仕事のやりがいは?それはなぜですか?

ありきたりな答えかもしれませんが、やはり仕事ごとに達成感を得られることと、自分の成長を感じられることですね。
私はスキーが好きなんですけど、リフトで上に上がって行く時に、もっと上手になるために「次はこんな風に滑ってみよう」って1本1本滑り方を変えるんです。どこかその感覚に似ているかもしれません。新しい案件がくるたびに、その案件をただこなすのではなく、「こういうことをやってみよう」と自分なりの実験を上乗せしてみるんです。実験と言ってもそんなに大きなことではないですし、もちろん失敗することもあります。でも、そうやっていくことで、何かしら自分のスキルになっていくのかなって。そしてそれが成功した時の達成感は格別ですね。ビールが美味しい(笑)。その繰り返しで仕事が楽しくなるんですよね。

今後マミーゴーでどうしていきたい?

金澤さん4
やはり原点に戻りますが「主婦・ママの働くを提供する」につきます。ITマミー部のイベントなどで、仕事しようかな…どうしようかな…って迷っている方と接することもあります。でも、その後、ITマミー部でお仕事をされるようになって、次にお会いした時には瞳がとてもキラキラとしていて、ビックリさせられることが何度もありました。そういった笑顔をもっと増やしていきたいです。

あなたが考えるマミーゴーのPRポイントはなんですか?

金澤さん5
・企業様へ
マミーゴーが運営いたしますITマミー部には、スキルを持った、ポテンシャルの高い主婦ママが集まっています。さらに、ディレクターがリアルなコミュニケーションを通じ、それぞれの適性を見極めた上でお仕事を頼んでいますので、パフォーマンスが高い、充実したサービスを提供できると思っております。
マミーゴーはいつも、クライアント様の一番のファンになってお仕事させて頂いています。「ファンクラブ会員番号1番」になって(笑)、貴社のサービスや商品の魅力を最大限引き出すご提案をさせて頂きますので、ぜひ一度ご相談くださいませ!

・ITマミー部に入部をご検討の方へ
家事や育児に忙しいあなただからこそ出来る仕事があります! 忙しいから無理だろうとあきらめず一度チャレンジしてみてください。ITマミー部には、昨日よりも今日、今日よりも明日、まだまだ成長できるチャンスがあります。私たちディレクターと一緒に楽しくゆっくり進みましょう。月2回、オープンオフィスも開催中です。仕事をするにあたり不安や心配があったら、いつでも相談しにきてください。とびっきりの笑顔でお待ちしています!(笑)

いつまでも輝いていたい!出産しても働き続けたい!と望む女性たちに一言お願いします。

金澤さん6
私はいつも仕事から「元気」をもらっています。
仕事を通じてたくさんの新しい出会いや発見、チャレンジがあります。時には壁にぶつかることもあります。そんな時でも家に帰って家族の笑顔を見ると、家族っていいなぁってすごく思うんです。「ママしあわせだなー♡」ってよく言っちゃいます(笑)。そしてまた明日頑張れる。専業主婦の時は、当たり前すぎて家にいることの安心感をだんだん感じなくなってきていました。
今、仕事をすることで元気をもらい、家族の大切さをも再確認でき、自分としては笑顔も多くなったかな。気のせいか、思春期の娘も学校の話やお友達の話も良くしてくれるようになった気がします。これって“幸せ力”かなーと思っています(笑)。ぜひたくさんの方に、ITマミー部で“幸せ力”を高めていただきたいです!

インタビューを終えて

いつも明るく、快活なイメージのある金澤さん。
ITマミー部のイベントや座談会などでは司会を担当されていて、場の空気をパッと掴んで引きつけたり、明るく盛り上げたりする“話力”も魅力です。
そんな金澤さんがご自身の経験を基に語ってくださった言葉は、どれも説得力があり、共感を覚える方も多いのではないでしょうか。
お子さんを保育園に預けてフルタイムで働いていたワーキングママ時代、その後の10年間の専業主婦時代、そして現在のフレキシブルな仕事スタイル。
そのどれにも、多くの女性が抱える悩みや葛藤、そしてそれを切り抜けるヒントが見受けられます。家族も、自分自身も犠牲にしない。そんな働き方が実現できるのだと感じました。
そして何より、仕事のこと、マミーゴーという会社のこと、共に働くスタッフのこと、ご家族のことーー、どのお話をされる時もテンションが変わらず、常に楽しそうにお話してくださったことが一番素敵だと思いました。
金澤さんがすべてのことに全力で向き合い、全力で楽しんでいることが伝わってくるひとときでした。

ITマミー部に是非ご入部ください▼▼▼
~ITマミー部について~

関連記事

  1. 宍倉さん3 ITマミー部の宍倉さんにインタビュー☆在宅ワークや働き方について…
  2. 1枚目 ITマミー部の田村さんにインタビュー☆在宅ワークや働き方について…
  3. テレワーク(在宅ワーク)の取り組み強化中♡ テレワーク(在宅ワーク)への取り組み
  4. HANEI4 マミーゴースタッフ紹介★
    ディレクター・プランナー:羽根井…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1枚目
  1. 写真3
  2. 20170522
  3. 01
  4. 金澤さん1
  5. 宍倉さん3
  6. 201704it_mammy_sankei
  7. DSCN1088
  8. システムチェックランチ会2
  9. 201712-17
  10. kids_01
  11. 04_is
  12. 00
  13. ワクワーク女子会in幕張集合写真
  14. ヨシケイさま試食会
ひと目でわかる!マミーゴーの事業領域

EVENT

  1. 写真3
  2. 01
  3. DSCN1088

★「ITマミー部」部員募集中★

ITマミー部とは ITマミー部とは

ITマミー部は、自宅で働きたい!学びながら働きたい!育児しながら無理なく社会と繋がりたい!という意識…

ITマミー部活動

  1. 04_is
  2. ワクワーク女子会in幕張集合写真
  3. エニアグラム講座集合写真
PAGE TOP