マミーゴースタッフ紹介

マミーゴースタッフ紹介★
ディレクター・プランナー:羽根井智子さん

マミーゴースタッフ羽根井さんに、
在宅ワークや働き方について聞いてみました!

HANEI1

名前
羽根井智子/はねいともこ
家族構成
夫、長女12歳、長男10歳
※インタビュー時(2016.07.05現在)の年齢になります。

あなたの働くスタイルを教えて下さい。

週1日は在宅ワーク
その他はオフィス勤務で勤務時間は9:30〜14:30までです。
忙しい時は16時や17時まで残業することもあったり申請して家で仕事をしたり。
周囲と相談しながらお仕事をしています。

今の働くスタイルの満足度を教えて下さい。

満足度は「計り知れないほど高い」のですが、
数値化すると…120%…う〜ん、200%かな?
勤務時間に関しても柔軟に対応いただけるので本当にありがたく感じています。
本当に毎日が楽しいです。
HANEI2

マミーゴーに入社してよかった点を教えて下さい。

なんといっても、「ママに優しい会社」であるところです。
こんなに柔軟に勤務時間を決めることができたり、子連れワーク
できる会社なんて他にないですよね。
あと、職場環境が良いところです。たとえ辛いことがあったとしても、
職場のみんなが理解してくれるんですよね。
例えば子どもが熱を出したり病気にかかったりしたときはスタッフみんなで心配したり。
スタッフ全員の仲が良いから、とても居心地が良いんです。
とはいえ、仲が良いだけのママ団体じゃないんです。
それぞれが得意分野で活躍するプロフェッショナルな団体なんです。
スタッフそれぞれが目標に向かって仕事をしているので、「一体感」があります。
また、定期的にお給料をもらえるところは大変ありがたいですね。
マミーゴーに入社するまでは専業主婦だったので、
働いてお給料をもらうことの喜びや幸せを実感しています。
マミーゴーで働くことができて幸せです。

子連れワークについて感想を聞かせて下さい。

子どもが12歳・10歳と、手を離れつつあるので、
私自身は子連れワークをしてないんです。
私は子どもが小さいときは専業主婦だったので、
もし当時マミーゴーに出会っていたらぜひ働きたかったですね。
私みたいな女性は多いんじゃないかな。

在宅ワークはいかがですか?

申請すれば柔軟に在宅ワークができ、融通が利くので大変ありがたいです。
子どもが徐々に自立してきたとはいえ、何かあったときに対応できるので。
HANEI3jpg

育児と仕事の両立はできていますか?

完璧ではないけれど、両立できていると思います。
両立するためのポイントは子ども達に手助けをしてもらうことですね。
もともと、3歳ぐらいから料理のお手伝いをさせていました。
ほとんど私が作ってしまって、「最後の仕上げ」
お手伝いしてもらうというスタンスでした。

例えば餃子を作るとき、最後の3つぐらいを子どもに作ってもらうという感じです。
最初は散らかるし、手がかかるので大変ですが、その作業があるかないかで子どものやる気や食欲が違うんです!
だから子どもが「やりたい!」と興味を示したときは惜しげもなく、
必ず本物の材料や道具を子どもに使わせてあげると得意になってお手伝いしてくれます。
苦手なものも食べてくれるし、次から丁寧に作業しますよ。
根気が重要ですが、火の元・包丁さえ管理しておけば、子どもって大人が思っているよりも上手に作業してくれるんです。
子どもでも「手伝わせる」のではなく、「手伝ってもらう」と考えると、
お互いにとても温かい気持ちになります。

字が読めるようになってからは子供用に書き下ろしたお料理本を子どもたちへ購入ました。
成美堂出版の「ドキドキ!はじめてのたのしいお料理レシピ」
「どきどき!はじめてのかわいいお菓子づくり」
を一緒に見ながら作ると楽しいですよ。
考えてみてほしいんですが、「食材」って全て使い切らずに少し余らせてしまったり
賞味期限切れて使えなくなることがありますよね。
だから、子どもが使う少しの量なんて問題にならないんです!

小学校に上がるぐらいからはピーラーを使って薄皮をむいてもらい、
スライスサラダとかを作ってもらいました。
その結果、最近ではおやつや夕飯などをほとんど娘か息子が作ってくれます。
子どもの独立が寂しい気持ちはありますが、
小さい頃にはできなかったことができるようになっていることは喜ばしく思っています。
HANEI4

マミーゴーの好きなところを3つ教えて下さい

①社長を始めスタッフがみんな前向きなところです。
仕事量がすごく多い時、社長が励ましてくれるのでポジティブに頑張れます。
昨年末は仕事量が多くて大変でしたが、社長をはじめスタッフのみんなのおかげで乗り切ることができました。

②社長の想い
社長が掲げる「全部無料で提供するというポリシー」には大変共感しています。
私自身そうですが、ママってなかなかお金を使うことが難しいですよね。
マミーゴーでは、ママに活躍してもらいたいという想いが強いから、勉強会もイベントも無料なんです。
そんな会社、なかなかないと思います。

③社内風土
完璧な人はいないし、ちょっとしたミスは誰にでもありますよね。
マミーゴーは、誰かがミスをしても、
フォローするのが当たり前という環境になっています。
「私がやるよ、大丈夫だよ」って、誰もが言うんですよね。
きっと、お互いに感謝の気持ちや共感できる部分があるからなんじゃないかな。
かといって、居心地が良い環境に甘んじたり、
仕事を疎かにする人はいないんです。
お互いの欠点を許し合って、頑張っていこうというスタンスなんです。
だからこそ、良い仕事が成し遂げられるし、
この会社で頑張らないといけないと思うんです。
社内全体が良い雰囲気のサイクルでまわっているように感じます。

・ ITマミー部の人たちとの関係
私自身もともとITマミー部に入っていたので、メンバー側の気持ちもよくわかるんです。
ITマミー部の人たちも私自身も「主婦・ママ」なので話していて共感できることが多いんですよね。
自分と感覚が似てるなぁと思うことが多いから分かり合えるんだと思います。
あと、ITマミー部には、ポジティブにモチベーション高く頑張る人が多いと思っています。
一生懸命頑張るから、のびしろがあるし、上を目指していけるんです。
また、メンバーがスキルアップしていく姿を見るのも嬉しいです。
子育てでも手間がかかる子ほど可愛いですよね。
子育てとは少し違うかもしれませんが、たとえライティング初心者の方でも、
頑張って努力することでメキメキとスキルアップしていくのを見ていると嬉しくなりますね。
HANEI5

今の仕事のやりがいは?それはなぜですか?

マミーゴーの社内風土に
「いいことはすぐにやってみよう」という精神があるんです。
誰かが新しいことを思いついたら、
「一度試験的にやってみよう」って
すぐに行動に移す会社なんです。

私はディレクターとして、
・クライアント様にひとつでも多くの付加価値を付けたい!
・マミーゴーをより良くしたい!
・ITマミー部のメンバーにより良い環境で働いてもらいたい!
と思っています。

それには「何ができるだろうか」と常に考えています。

「いいな」と思う案に関しては、
実際に社内ミーティングで提案することもあります。

それはマミーゴーが前向きな提案を受け入れてくれる会社だからできることなんですよね。
言われることをやるだけじゃなく、自分の意見をしっかりと伝えて提案できます。
実際にその提案が反映されたり形になっていくと「やりがい」を感じますね。

「みんなで前向きに進みつつ、柔軟に新しいことを取り入れる」会社なんです 。

「変える力」がある会社だからこそ形になるんです。

また、もし上手くいかない時は、一人きりで頑張るのではなく、
みんなで一緒に解決しよう!という雰囲気なので、仕事もやりやすいですね。
すべてが「良い雰囲気のサイクルで回っているな」と思います。

今後マミーゴーでどうしていきたい?

新しい風を吹かせたいです。
自分も郊外に住んでいるからよく分かるんですが、
郊外に住んでいるとなかなか都心部に出るのが難しいんですよね。
郊外のほうが仕事も少ないし、職種も限られていたりするし。
でも、今って、「Wi-Fiとパソコン」さえあればどこでも仕事が出来ますよね。
そういう働き方があるということを、もっと多くの女性に知ってもらいたいです。
私は、「日本中の主婦・ママと、社会への橋渡し」になりたいんです。
「都心部・郊外、どこに住んでいても、活躍できるんだよ」って伝えたいです。
女性が活躍することによって、
未来がますます良くなっていくと感じます。
将来的には、都心部だけではなく郊外にもITマミー部の支部を作って、
日本中・いつかは世界に向けてITマミー部を盛り上げていけたらいいなぁと思っています。

あなたが考えるマミーゴーのPRポイントはなんですか?

企業様へ

女性ならではのキメ細やかな仕事や気配りなど、
女性の強みを活かした提案やアウトプットを提供できる会社
です。

また、全国各地でITマミー部員が活躍していることも強みです。
勉強会やリアルイベントを定期的に行っていることから、チームワークの良さも強みですね。

ITマミー部に入部をご検討の方へ

Wi-Fiとパソコンさえあればどこでも仕事ができるので、家事や育児と両立が可能です。
人生一回きりの時間をどう過ごすかで、歳の取り方も大きく変わります。
前向きに頑張ろうと思う人には活躍できる環境だと思います。

共に楽しくお仕事しましょう。

私自身勉強するところがたくさんありますし、みなさんに補ってもらうことも多いと思いますが、
一緒に勉強しながら盛り上げていきたいですね。

いつまでも輝いていたい!出産しても働き続けたい!
と望む女性達に一言お願いします

ぜひ、「自分が楽しい」と思えることをやってほしいです。
自分が楽しめなかったら、仕事も育児も家庭もつまらなくなっちゃうと思うので。

また、少しでも「いいな」と思ったものが見つかったら、とにかくすぐに取り組んでもらいたいなと思います。
「また今度考えよう」だと、結局やらないまま終わってしまうことが多いと思うので…。

一歩踏み出す勇気を持ってほしいと思います。
踏み出すか踏み出さないかで人生が変わるといっても過言じゃないです。
一歩踏み出すと、明るい未来が待っていることは多いんじゃないでしょうか。

これからも、前向きに頑張る女性を全力で応援していきたいと思っています。
一度やってみて、もし出来なければその時考えれば良いんです。相談しながら一緒に頑張っていきましょう。
HANEI6

インタビューを終えて

マミーゴーには必要不可欠の存在・羽根井さん。
インタビューではマミーゴー・ITマミー部への思いを熱弁してくださり、
羽根井さんの「秘めた情熱」がひしひしと伝わってきました。
見た目は可愛らしくて優しい羽根井さんですが、
仕事はキッチリ丁寧に、スピーディーにこなす、
そういうギャップがみんなに愛されている所以なのですね。

また、羽根井さんの持つ前向きなパワーには活力をいただきました。
実は、私に一歩踏み出す勇気をくださったのも羽根井さんでした。
「一度やってみよう、できる限りのフォローはするから」
という言葉に、これまでどれだけ助けられてきたかわかりません。
現状にモヤモヤしながらも、一歩踏み出せずに悩んでいるママは、
一度羽根井さんにお話を聞いてもらうと良いですよ!
仕事に育児に頑張る羽根井さんは、キラキラしていて格好良く、
私もこんな風になりたいなと思いました。

2016.07.05現在インタビュー

ITマミー部に是非ご入部ください▼▼▼
~ITマミー部について~
ママに優しい働き方を!
――― メリット! デメリット! ―――

関連記事

  1. 金澤さん1 マミーゴースタッフ紹介★
    ディレクター・プランナー:金澤 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

26815047_1784650801608984_7769885180280707486_n (1)
  1. 26104934_1920696988180818_666101718_o
  2. interview_img01
  3. main
  4. エニアグラム講座集合写真
  5. image02
  6. DSCN0013
  7. 01
  8. 【写真-3】第10回ワクワーク女子会
  9. 20171102
  10. DSC_0413
  11. ①n
  12. hp用insta
  13. ワクワーク女子会♥️in千葉♪
  14. 3

マミーゴーの事業領域

ひと目でわかる!マミーゴーの事業領域

EVENT

  1. interview_img01
  2. main
  3. 0805-01

★「ITマミー部」部員募集中★

ITマミー部とは ITマミー部とは

ITマミー部は、自宅で働きたい!学びながら働きたい!育児しながら無理なく社会と繋がりたい!という意識…

ITマミー部活動

  1. 26815047_1784650801608984_7769885180280707486_n (1)
  2. 26104934_1920696988180818_666101718_o
  3. DSCN0013
PAGE TOP